岸田文雄首相は12日午前、東京都内で全国民生委員児童委員連合会会長らと車座で対話し、子育て交流サロンを視察した。終了後、国会審議中の「こども家庭庁」設置関連法案に関し「ぜひ成立させてほしい。子どもたちや子育て世代への支援を充実していきたい」と記者団に述べた。

 首相は、こども家庭庁の発足後に全国の市町村に「こども家庭センター」を設け、子育て世帯への訪問事業を実施する考えを示した。

 車座対話では、民生委員や児童委員から、子育て支援拡充のため、学校との連携の必要性を訴える意見などが出た。首相は、安全安心な生活に向けた政策づくりに反映させたい考えだ。