関西電力高浜原発(福井県高浜町)敷地内のトンネルで2019年、作業員9人が一酸化炭素(CO)中毒となった事故で、労働安全衛生法違反の罪で略式命令を受けた土木工事業「若狭プラントサービス」(同県美浜町)と、当時の作業責任者の男性(67)が12日までに、命令を不服として敦賀簡裁に正式裁判を請求した。福井地検などが明らかにした。

 地検などによると、今年4月6日に敦賀区検が略式起訴し、同22日に敦賀簡裁が罰金20万円の略式命令を出した。同社と男性は罰金を納付せず、5月9日までに正式裁判を請求し受理された。