【リビウ共同】ウクライナ軍参謀本部は11日、ロシア軍が南部オデッサ、ミコライウ、ザポロジエなどの攻略に加え、再び首都キーウ(キエフ)の奪取を計画する可能性があるとの分析を明らかにした。ウクライナメディアが伝えた。

 米シンクタンク「戦争研究所」は11日、ロシア軍の侵攻には目立った進展は見られず、東部ハリコフでは守勢に立たされていると指摘した。

 ウクライナ当局によると、ロシア軍は南東部マリウポリで、ウクライナ側が抵抗を続けるアゾフスターリ製鉄所への攻撃を続けている。ウクライナ軍幹部は、製鉄所の解放作戦には相当数の兵士が必要となり「大きな損失」が出ると述べた。