【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、今月8日に首都平壌で新型コロナのオミクロン株派生型「BA・2」が検出されたと報じた。朝鮮労働党は12日、政治局会議を開催し、金正恩総書記は全国の全ての市、郡で地域を徹底封鎖するよう指示した。国内で新型コロナ感染者が出たことを北朝鮮が認めたのは初めて。

 党政治局は「最大非常防疫体系」に移行し、防疫対策を強化することを決定。金正恩氏は一方で、行動範囲などを限定しながら生産活動を続けるよう求めた。

 北朝鮮は20年1月末から国境を封鎖。医療態勢が脆弱で、大規模検査も行われてこなかったことから感染拡大の可能性もある。