【メンヘングラッドバッハ(ドイツ)共同】サッカーのウクライナ代表が11日、ロシアによる侵攻開始後初となる対外試合としてドイツのメンヘングラッドバッハで同国1部リーグのボルシアMGと国際親善試合を行い、熱い声援を浴びた。母国に戦火が広がる異常事態の中、6月1日のワールドカップ(W杯)カタール大会欧州予選プレーオフのスコットランド戦へ再スタートを切った。

 2万人超の観衆が詰めかけたスタジアムは試合前の国歌斉唱で拍手と歓声に包まれ、整列して「STOP WAR(戦争をやめろ)」の横断幕を掲げる選手たちには神妙な表情と笑顔が入り交じった。試合は2―1で勝利。