財務省が12日発表した2021年度の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年度比22・3%減の12兆6442億円だった。減少幅は東京電力福島第1原発事故後の燃油輸入増が続いていた13年度(43・7%)以来の大きさで、黒字額は7年ぶりの低水準。原油価格の高騰と円安進行による輸入物価の上昇で、貿易収支が大幅赤字に転落したことが響いた。

 経常黒字は日本が海外で稼ぐ力を表し、円や日本国債の信用の源泉となっている。24兆円を超え過去最高だった07年度からほぼ半減した。減少は4年連続。