【ワシントン共同】米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は11日、バイデン大統領がASEANと首都ワシントンで今週開催する特別首脳会議で「台湾海峡の平和と安定を維持するための措置を講じたい」との考えを伝えると明らかにした。米シンクタンクのイベントで語った。

 キャンベル氏は「米国は(中国による)挑発的な行動を抑止したいという考えを明確にしたい」と強調。

 国務省のホームページから「台湾の独立を支持しない」との文言などが削除されたことに関し、台湾の独立を支持しない米国の立場に「変更はない」と説明。「一つの中国」政策も維持していると述べた。