ウクライナ南部ヘルソン州の制圧を表明したロシア軍関係者らでつくる臨時政権のナンバー2、ストレモウソフ氏は11日、ロシアへの編入の是非を問う住民投票は実施せず、プーチン大統領に同州の編入を要請する考えを示した。ロシア通信が伝えた。

 ロシアの独立系メディアは、今月半ばにヘルソン州で「独立」の是非を問う住民投票が計画されていると伝えていた。

 記者会見でストレモウソフ氏は、2014年にロシアが住民投票を経てクリミア半島を編入したにもかかわらず国際社会から認められなかったと指摘。ヘルソン州は「年内にロシアの法体系の下に入る」と断言した。