岸田文雄首相とフィンランドのマリン首相は11日、官邸で会談し、ロシアによるウクライナ侵攻を強く非難し、普遍的価値を共有する国々で結束して毅然とした対応を継続する方針で一致した。科学技術分野の協力推進も確認。中国の台頭を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」実現への連携を申し合わせた。マリン氏は北大西洋条約機構(NATO)加盟を申請する可能性があると岸田首相に伝えた。

 岸田首相は共同記者発表で「世界はロシアによる非道な侵略を終わらせ、平和秩序を守るための正念場を迎えている」と強調した。

 フィンランドはロシアと約1300キロにわたり国境を接する。