プロ野球ソフトバンクの東浜巨投手(31)が11日、福岡市のペイペイドームで行われた西武7回戦でノーヒットノーランを達成した。4月10日にロッテの佐々木朗希投手がオリックス戦で完全試合を達成したのに続き史上84人目(通算95度目)の快挙。パ・リーグでは30人目(31度目)。球団では2019年9月の千賀滉大投手(29)以来の快挙となった。

 東浜は直球に球威があり6奪三振。2四球を与えたのみで、打たせて取る投球が光った。チームは2―0で快勝した。

 東浜は沖縄県出身。沖縄尚学高から亜細亜大を経て13年にドラフト1位で入団。17年に16勝を挙げて最多勝を獲得した。