立憲民主党の泉健太代表は11日、東京都内で講演し、野党第1党の在り方を巡り「立民は批判ばかりではない政党でありたい。政権を担える政党にしたい。私の使命だ」と強調した。同時に、岸田文雄首相の経済政策を批判。岸田政権と厳しく対峙しながら、必要な政策の立案に意欲を示した。夏の参院選に向け、最大支援組織である連合に連携強化を呼びかけた。

 政府、与党が推進する政策を精査して論点を明らかにするとともに、政策提案も野党には求められていると指摘。併せて、首相が昨年の自民党総裁選で掲げた看板政策「令和版所得倍増計画」に言及し「所得倍増はどこかに行った。詐欺に近い」とした。