【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯と男子トマス杯の第4日は11日、バンコクで1次リーグが行われ、A組の日本女子はインドネシアを4―1で破って3戦全勝とし、同組1位での8強入りを決めた。12日の準々決勝では台湾と対戦する。

 日本はシングルスで山口茜(再春館製薬所)が敗れた後、高橋沙也加(BIPROGY)と郡司莉子(再春館製薬所)、ダブルスの志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)と福島由紀(丸杉)松本麻佑(北都銀行)組で勝利を重ねた。