東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)名誉館長で作家の早乙女勝元さんの訃報に接し、親交があった映画監督山田洋次さんが11日「かけがえのない友人を失った」とする追悼のコメントを発表した。

 山田さんは早乙女さんから柴又を案内されたのをきっかけに映画「男はつらいよ」の舞台を決めたという。

 コメントで「彼は東京の下町に生まれて、かの下町大空襲の中を必死に生きのびた。同じ年に生まれて旧満州で育ったぼくは引揚者としてリュックひとつで日本に戻った。戦後の日本について、平和と戦争について語り合えるかけがえのない友人を失ったことを、心から淋しく思います」と悼んだ。