埼玉県警は11日、本庄市で1月に5歳男児を暴行し死亡させたとして、いずれも傷害致死と死体遺棄の罪で起訴された母親ら3人を、生前に男児の足を持って逆さづりにし、猫用ケージに約2時間半閉じ込めたなどとする監禁と暴行の疑いで再逮捕した。ケージは高さ約2メートル、幅と奥行きが約1メートルだった。

 再逮捕されたのは母親の派遣社員柿本知香容疑者(30)と、同居する無職丹羽洋樹容疑者(34)、無職石井陽子容疑者(54)。県警は3人の認否を明らかにしていない。