【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日の記者会見で、中国が実施している新型コロナウイルスの徹底封じ込めを目指す「ゼロコロナ」政策について「持続可能とは思えない」として「別の戦略に移行することが非常に重要だ」と方針転換を勧奨した。WHOが各国の新型コロナ対策を取り上げて具体的に指摘するのは極めて異例だ。

 テドロス氏は「このウイルスは進化して、より感染力が強くなってきているので、対策を変更していくことが肝要だ」と指摘した。