【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターの買収で合意した電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、ツイッターによるトランプ前米大統領のアカウントの永久凍結を撤回する意向を示した。

 マスク氏は、英紙フィナンシャル・タイムズが開いたイベントにオンラインで出席して「まだツイッターを所有していないので間違いなく起こることではない」と前置きした上で、「凍結は撤回するだろう」と発言。「永久凍結は極めてまれであるべきだ。トランプ氏の凍結措置は間違いだったと思う」とも述べた。