【ニューヨーク共同】10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比356・96ドル高の3万2602・66ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は173・68ポイント高の1万1796・93。

 ダウ平均の前日の終値が1年2カ月ぶりの安値を付け、値ごろ感が出たことから、買いが先行した。米長期金利が低下したことで、相対的に割安感が意識されたIT株が特に買われた。