細田博之衆院議長は10日、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーであいさつし、国会議員の定数増を主張した。「議員を減らせば良いかどうか、この辺で考えた方がいい。1人当たり月額100万円未満であるような手取りだ。多少増やしても罰は当たらない」と述べた。一般の国会議員より高い議長の歳費も少額だとの認識を示し「上場会社の社長は必ず1億円をもらう」とも語った。

 細田氏は島根県選出。衆院小選挙区定数の「10増10減」について「地方いじめだ」などと否定的な発言を重ね、与野党から批判を浴びている。