トヨタ自動車は10日、新型コロナウイルス流行による中国・上海のロックダウン(都市封鎖)に伴う部品調達難で、16~21日に日本国内の8工場14ラインの稼働を停止すると発表した。約3万台の生産に影響する。

 5月の世界生産計画台数はこれまで75万台程度としていたが、今回の停止に伴い70万台程度に減る見込みという。

 8工場は、元町工場(愛知県豊田市)、岐阜車体工業の本社工場(岐阜県各務原市)、トヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)、トヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)など。2~6日の稼働停止日を設ける。