東京六大学野球リーグは10日、神宮球場で4回戦2試合が行われ、明大が法大に6―5で競り勝って2勝1敗1分けとし、勝ち点を3に伸ばして単独首位に立った。法大は勝ち点2のまま。早大は東大を5―1で下して2勝2分けで今季初の勝ち点を獲得した。

 明大は3点を失った直後の五回、堀内の適時打などで3点を奪って逆転した。早大は2番手で登板した清水大が4回1失点でリーグ戦初勝利。打線は着実に加点した。