【ソウル共同】林芳正外相は10日、訪問先の韓国・ソウルで、岸田文雄首相の特使として尹錫悦新大統領と面会し、文在寅前政権下で悪化した日韓関係の改善へ協力することで一致した。尹氏は日韓首脳会談の早期実現に意欲を示した。林氏は元徴用工問題など懸案解決の必要性も強調。両国間の障害を取り除くため、尹氏のリーダーシップに期待するとした首相の親書を手渡した。

 日本政府は、元徴用工、元慰安婦問題を巡り、1965年の日韓請求権協定や2015年の慰安婦合意により解決済みとの立場を取っている。日本側の求める具体的な解決策を尹新政権側が提示できるかどうかが焦点となる。