▽パドレス―カブス(9日・サンディエゴ)

 カブスの鈴木は「2番・右翼」で出場し、3打数1安打1打点だった。内容は左翼線二塁打(打点1)、右飛、遊ゴロ併殺打で打率は2割4分7厘。六回の守備から退いた。チームは6―0で勝って連敗を5で止めた。(共同)