北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、運航会社「知床遊覧船」(斜里町)が昨年6月、船舶安全法に違反しアマチュア無線を船との連絡手段にしていたとして、国土交通省から行政指導を受けていたことが10日、分かった。同社関係者によると、連絡手段としてアマチュア無線を日常的に使っていたという。海上運送法に基づく同社の安全管理規程では業務用無線を使うと届け出ており、ずさんな運航管理がさらに明らかとなった。

 同社は衛星電話の通信料が「高い」との理由から、アマチュア無線を使用することが多かったという。