【リビウ共同】ウクライナのシュミハリ首相は9日、南部オデッサなどの港湾がロシア軍の侵攻で封鎖された影響で、アフリカやアジア、欧州に向けた農産物9千万トンが輸出できない状態にあると明らかにした。経済損失は連日1億7千万ドル(221億6千万円)に上るとしている。ウクライナメディアが伝えた。

 シュミハリ氏は9日、欧州連合(EU)のミシェル大統領らと共にオデッサを訪問。「世界はロシアがウクライナの港をどう封鎖し、食料不足を引き起こしているのかを見る必要がある」と語った。

 世界食糧計画(WFP)は声明で封鎖の継続は世界の食料危機につながると懸念を表明している。