【キーウ(キエフ)共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は1日、ロシア軍が「制圧」を宣言したウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所からの民間人退避が始まり、第一陣約100人が脱出したとツイッターで明らかにした。国連が仲介しており2日に南部ザポロジエに到着する予定。製鉄所には民間人約千人がとどまっているとされる。退避作業の成否は行き詰まっている両国の停戦交渉の行方にも影響しそうだ。

 退避作業は国連と赤十字国際委員会が両国と調整し実施。ゼレンスキー氏は残りの民間人についても避難を調整中だとした。国連当局者はAP通信に状況は「極めて複雑だ」と語った。