【北京共同】中国・北京の米系テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・北京(USB)」は1日、新型コロナウイルスの感染対策のため同日から一時休園すると発表した。政府の関連部門の指示に基づく措置としている。再開時期は未定。

 中国は労働節(メーデー)に伴う連休期間中。USBは4月に出した通知で、24時間以内に受けたPCR検査の陰性証明を入園者が提示する条件付きで通常通り営業するとしていた。

 北京市は感染拡大傾向を受け対策を強化している。連休中も一部地域で大規模なPCR検査を実施、観光施設や飲食店への管理を強めるなどして、社会経済活動を大幅に制限している。