【ワシントン共同】「前任者が今年、この夕食会に来ていたら本当のクーデターだったな」。バイデン米大統領は4月30日夜、ホワイトハウス記者会主催の夕食会に就任後初めて参加し、大統領選の結果を認めないトランプ前大統領をやゆした。ジョークが習わしの恒例の大統領スピーチは、既存メディアと対立したトランプ氏の不参加や新型コロナウイルス流行で6年ぶりとなった。

 ワクチン接種済みで、検査で陰性となった記者や家族、当局者ら計約2500人が出席。バイデン氏はホテルの密集した会場で「(夕食会は)大流行を乗り切ろうとしていることを国民に示しているんだ」と強調した。