三井住友銀行の本店や支店、コンビニなどに広がったATMを中心とした障害は、発生から約16時間後の1日午前10時ごろまでに全面復旧した。ATMは同日午前6時ごろまでに復旧し、競馬など公営競技の投票サービスで続いていた一部障害もその後、解消した。

 同行は原因について、システムの設定に一部不備があり、勘定系とATMとの間の接続が不安定になったためと説明。障害が起きた箇所を特定し、回避する対応を取り復旧させた。

 障害は4月30日午後5時半ごろ発生した。