北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、船長が運航会社「知床遊覧船」との通信手段として申告していた携帯電話は航路上の大半が圏外だったことが30日、関係者への取材で分かった。事故3日前の公的検査で衛星携帯電話から変更を申告、受理された。海上保安庁関係者によると、カズワンから海保への救助要請は、乗客が持っていた別の会社の携帯から発信されていた。

 事故から30日で1週間となった。知床遊覧船では無線の故障など通信手段の不備が相次ぎ発覚。第1管区海上保安本部は、業務上過失致死容疑での立件を視野に捜査している。