東京六大学野球リーグ第4週第1日は30日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、法大が慶大に5―4でサヨナラ勝ちした。東大と早大は2―2で引き分けた。

 法大は1―4の六回に今泉の3ランで同点とし、九回2死満塁から内海貴が決勝の左前打を放った。東大は1―2の九回1死、阿久津のソロ本塁打で追い付いた。