大阪市は30日、同市東住吉区矢田3丁目の大阪府道で29日午後、道路が陥没する事故があったと発表した。陥没したのは幅約1・9m、長さ約2・3m、深さ約1・5m。軽乗用車が通過する際にバンパーの一部を損傷した。けが人はなかった。

 29日午後3時35分ごろ、通行人から「道路が陥没し車の事故があった」と110番があった。

 現場は片側2車線の交差点。28日深夜から下水管の交換工事をしていたが時間内に終了せず、29日朝にいったん作業を終えた後、同日夜の作業再開まで管を仮接続して道路を埋め戻していた。29日昼の雨で仮接続の下水管が外れ、空洞ができた可能性があるという。