北海道・知床沖の観光船沈没事故で、第1管区海上保安本部は30日、測量船「天洋」が現場海域で調査した海底の画像を公開した。観光船「KAZU 1(カズワン)」が水深110~120メートルの斜面で船底を下にして沈んでいる様子が分かる。

 29日に現場海域に到着した天洋が取得したデータを解析し、画像処理した。