【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前日比0・98ドル安の3万3915・41ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は143・14ポイント安の1万2728・39。

 前日に発表されたアマゾン・コムの四半期決算が赤字となったことが嫌気され、IT銘柄を中心に投資リスク回避の売りが先行した。一巡後は買い戻す動きが出た。

 28日のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前日比614・46ドル高の3万3916・39ドルで取引を終えた。