【北京共同】中国国家衛生健康委員会幹部は29日に記者会見を開き、新型コロナウイルス感染の抑え込みを目指す「ゼロコロナ」政策は有効だと改めて強調した。上海でロックダウン(都市封鎖)が長引き、北京でも部分的な封鎖が拡大。市民から政策転換を求める声も出ているが「人民戦争」に打ち勝つため厳格な対策を続けると訴えた。

 北京市では28日に市中感染者を49人確認。29日は小中学校や幼稚園が一斉休校・休園し、一部地域はショッピングモールや映画館、飲食店などを一律休業とした。4月下旬に入って感染拡大への警戒が高まり、地域ごとに細分化した封鎖や外出制限が増えている。