フィギュアスケート男子で2018年平昌冬季五輪代表の田中刑事(27)=国際学園=が29日、横浜市で引退記者会見を開き「いいことはほんの一瞬でほとんどは苦しい時間だったが、これからの糧になる。幸せな競技人生だった」と語った。

 岡山県倉敷市出身の田中は11年の世界ジュニア選手権で2位、グランプリ・シリーズでは16年NHK杯と19年スケートカナダで3位に入った。初出場した平昌五輪は18位だったが「五輪がかすんでしまうほど、どの試合もエピソードがあり、たくさん応援してもらえた」と振り返った。

 11位に終わった昨年12月の全日本選手権後に引退を決断した。