中日クラウンズ第2日(29日・愛知県名古屋GC和合=6557ヤード、パー70)降雨によるコースコンディション不良や天候の回復が見込めないため、68人が第2ラウンドを完了できずに持ち越しとなった。プレーを終えた中では、前日5位の金子駆大が67で回り、通算8アンダー、132の好スコアをマークした。

 2週連続優勝を狙う桂川有人は69で通算6アンダー、石川遼は2日連続のパープレーで終えた。

 前日首位のアンソニー・クウェイル(オーストラリア)は4ホールを終えて通算10アンダー。昨年覇者の岩田寛は17ホールまでで6アンダーに伸ばした。