焼き物の町で知られる佐賀県有田町で29日、「有田陶器市」が開かれた。大型連休恒例のイベントだが、過去2年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった。3年ぶりの復活で、県内外から買い物客が訪れにぎわった。5月5日まで。

 主催する有田商工会議所によると、町内外の約400店舗が出店し、春の新作や窯元のオリジナル作品に加え、アウトレット品も販売。2年続けて中止になったため、今年は例年より多くの作品が並ぶ予定だ。感染症対策として来場者の検温を徹底し、歩きながらの飲食を禁止した。

 小雨が降り強い風が吹く中でも、通りは多くの人でいっぱいになった。