さいたま市議会は29日未明、市役所を現在の同市浦和区から市中央部に位置する「さいたま新都心」の一画(大宮区)に移転する条例案を可決した。今後基本計画を策定し、2031年度をめどに庁舎を移す。

 清水勇人市長は本会議終了後、「市の輝かしい未来に向けた、大きな一歩となると確信している」とのコメントを出した。さいたま市は01年に浦和、大宮、与野の旧3市が合併して誕生。当時から市役所の移転は懸案となっていた。