山梨県道志村の山中で2019年9月に行方不明になった小倉美咲さん(9)が当時履いていた靴と類似した運動靴が見つかったことを受け、千葉県成田市の母とも子さん(39)が29日、「鑑定が終わるまで娘のものと信じたくない。娘が見つかるまで捜し続けたい」と涙ながらに話した。行方不明になったキャンプ場を訪れ、報道陣に答えた。

 とも子さんは28日に県警から連絡を受け、写真で靴を確認。「美咲がキャンプ当日に履いていたものと同じだった」と声を詰まらせた。

 一方、靴に記していたはずの美咲さんの名前が見つからなかったとし、「なぜそこに靴があるのだろうと疑問にも思う」と話した。