人気アニメ「きかんしゃトーマス」の主人公を模した蒸気機関車(SL)「トーマス号」の運行が29日、大井川鉄道(静岡県島田市)で始まった。トーマス号が汽笛を鳴らし、白い煙を上げながら出発すると、観光客らが手を振って見送った。例年は6月に運行を開始するが、早期開催の要望に応え、初めて大型連休からスタート。9月25日まで。

 運行区間は新金谷駅(同市)から千頭駅(同県川根本町)までの約37キロ。片道約1時間15分かけて走り、週末を中心に1日1往復する。

 8月には、千頭駅から奥泉駅(川根本町)の区間で人気キャラクター「きかんしゃトビー号」の運行も予定している。