【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFLのドラフト会議が28日、ネバダ州ラスベガスで開かれ、ジャガーズが全体1位でジョージア大のDEトラボン・ウォーカーを指名した。

 全体2位ではライオンズがミシガン大のDEエイダン・ハッチンソンを選出した。同3位ではテキサンズがルイジアナ州立大のCBデレク・スティングリーを選んだ。