カーリング混合ダブルスの世界選手権第6日は28日、スイスのジュネーブで行われ、日本代表の松村千秋(中部電力)谷田康真(コンサドーレ)組は1次リーグA組最終戦でスウェーデンペアに5―8で敗れ、6勝3敗の5位で1次リーグ敗退となった。

 ミスが響いて第3エンドから2連続で2点をスチールされ、1―5と大きくリードを許した。第5、7エンドに2点ずつ奪って追い上げたが及ばなかった。

 A組からは1位スイスと2位スウェーデン、3位ノルウェーがプレーオフに進出した。(共同)