【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターが28日発表した2022年1~3月期決算は売上高が前年同期比16%増の12億98万ドル(約1570億円)だった。広告収入の伸びが貢献した。純利益はモバイル広告企業の売却益が貢献し、前年同期の約7・5倍の5億1328万ドルだった。利用者も増加した。

 米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏による買収合意後、初めての決算発表だったが、増収増益を確保した。

 成長の基盤として注目される世界での1日当たりの利用者数は2億2900万人となり、前年同期比15・9%増だった。