日本ソフトボール協会は28日、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の選手部門の殿堂入りに、昨年の東京五輪で金メダルを獲得した女子日本代表の宇津木麗華監督、2004年アテネ大会まで3大会連続五輪出場の山路典子氏を推薦することを決めた。7月のWBSC総会で諮られる。

 宇津木監督と山路氏は、2000年シドニー五輪ではともに主力選手として銀メダル獲得に貢献した。