【リビウ(ウクライナ西部)共同】国連のグテレス事務総長は28日、多数の民間人が殺害されたウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊ブチャなどを訪れ、21世紀に戦争するとは「ばかげている」と批判した。この後、ゼレンスキー大統領と会談する。26日にロシアのプーチン大統領と会談しており、南東部マリウポリからの民間人退避が実現できるかどうかが焦点だ。

 これまでロシアが設置したと主張する「人道回廊」は機能せず、約2千人がとどまっているとされる製鉄所内の人道危機は深刻化している。