JR西日本が28日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が1131億円の赤字だった。赤字は2年連続。損失幅は前期の2331億円から縮小したが、新型コロナウイルス流行による鉄道利用者数の低迷が続いた。売上高は前期比12・1%増の1兆311億円となった。

 同時に発表した23年3月期の業績予想は、売上高が27・0%増の1兆3090億円、純損益は585億円の黒字になる見通し。