28日の東京外国為替市場の円相場はドルに対して一段と下落し、2002年4月以来20年ぶりに1ドル=130円台を付けた。日銀はこの日の金融政策決定会合で、金融緩和の維持や強力な金利抑制策の実施を決定した。金融引き締めに動く米国との金利差拡大が改めて意識され、円を売ってより運用に有利なドルを買う動きが急加速した。

 正午時点で1ドル=128円60銭台で取引されていた円相場は、日銀の発表を受けて1円以上値下がりした。

 日銀はこの日、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」を毎営業日実施すると発表し、金利上昇を徹底的に抑え込む姿勢を改めて鮮明にした。