他人の楽天ポイントを使い、商品をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は28日までに、詐欺の疑いで、いずれも中国籍で30代の男3人を再逮捕した。

 同課によると、3人は、埼玉県蕨市の会社員鄭明容疑者(31)ら。昨年5月、29都府県と英国の83人のポイントを不正使用し、埼玉県と東京都のドラッグストアやコンビニで、コンドーム約1300点や目薬など計約150万円分を支払ったとみられる。

 3人は詐欺グループのメンバーで、中国にいる指示役から他人の楽天アカウントのIDやパスワードを伝えられて商品の購入を指示され、転売役に渡したとみて、同課が調べている。