【リビウ(ウクライナ西部)共同】ロシアの独立系メディア「メドゥーザ」は27日、ロシア軍が攻勢を強めるウクライナ東部で5月14、15日にロシアへの編入の是非を問う住民投票がある見通しだと報じた。情報筋の話として伝えた。当初は4月末に予定されていたが、ロシア軍部隊の苦戦により延期されたという。

 ロシア軍幹部は東部に加え、南部一帯を「完全支配」する方針に言及している。メドゥーザによると南部ヘルソン州でも5月14、15日に「独立」の是非を問う住民投票が準備されている。東部、南部での投票は戦況次第で実施日が変わる可能性もある。