将棋の現役最年長棋士、桐山清澄九段(74)は27日、大阪市の関西将棋会館で指された第35期竜王戦ランキング5組の残留決定戦で、畠山鎮八段(52)に敗れて現役最後の対局を終え、同日付で引退した。

 終局後、弟子で前竜王の豊島将之九段(31)から花束を渡された桐山九段は「現役生活は精いっぱいやれたので悔いはない。引退しても将棋界に貢献できればと思っている」と話した。

 奈良県出身。1966年にプロ入りした。タイトル獲得は棋王1期、棋聖3期の計4期。名人戦順位戦最上位のA級には14期在籍した。通算成績は996勝958敗。